招待する人もされた人も!結婚式に関する便利帖

結婚内祝いは披露宴に招待しない人にお祝いを頂いた場合、お返しとして贈る品物のこと。頂いた品物の半分から三分の一の金額のものを贈ります。

Navigation
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚内祝いとは

結婚式に来てくれたゲストに感謝の気持ちをこめて渡すのが、引き出物ですが、「結婚内祝い」という物もあります。
結婚内祝いというのは、挙式と披露宴に招待しなかった人から、結婚のお祝いを貰った場合や、結婚式はしなかったけどお祝いを頂いた場合などにお返しとして贈るものです。
結婚内祝いは、頂いたお祝いの品物の半額から三分の一の金額の物を選ぶのが基準です。
品物として人気があるのが、高額のお祝いを頂いた場合は、ブランド物の羽根肌かけ布団や、高級国産牛の詰め合わせ、ブランド物の食器、シャンパンなど。
また品質の良さでは世界的にも知られている今治のタオル製品や、ルクルーゼのココットセットなども人気です。
そしてお返しの金額として一般的な5000円ほどの品物としては、グラスのセットや、オーガニック原材料のバスグッズ製品、オシャレな調味料の詰め合わせや、パスタとパスタソースのセット、ホテルのスープやドリンク、料理の詰め合わせ、有名パティススリーの焼き菓子セットなども人気です。
若い世代の同僚や友人などが皆でお祝いをくれた時には、1000円ほどの予算で、パッケージのオシャレなマカロンやチョコレート、バームクーヘンなどのお菓子や、紅白のうどんとお出汁のセットなどが人気です。
結婚内祝いは全てのお祝いが無事に終わったという意味があるので、挙式後の約1ヶ月以内になるべく早めに送りましょう。
宅配便で送る場合、新しい姓で送ると誰だか分からない場合もあるので、旧姓をかっこして書き添えるほうが良いでしょう。

Copyright (C)2017招待する人もされた人も!結婚式に関する便利帖.All rights reserved.